子供が小さい場合には引越しもお任せパックがおすすめです

春になると、新生活が始まり、それと同時に引越しなどをする機会も多くなります。

 

新大学生などは、始めて1人で暮らすと言う人も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、新生活を始めるのは、何かと大変です。

 

特に引越しなどは、荷造りなどもありますので、引越しする前から用意をしておかなくてはいけません。

 

けれど、介護の必要な高齢者や、赤ちゃんなどの小さい子供がいる場合、仕事などが忙しい時には、引越しの荷造りなどをする暇も無く、時間に余裕が無いと言う人もいるのではないでしょうか。

 

そのような時には、引越しするのも一苦労ですね。

 

なかなか引越しの用意が出来ない人には、引越しお任せパックがおすすめです。

 

このお任せパックですが、梱包なども全て行ってもらえますので、引越しでも、当日も何もしなくても大丈夫です。

 

上記のような子供や高齢者のいる家庭にはぴったりです。

 

多くの引越し業者は、市内だと、午前に梱包を行い、午後に引越し先に荷物を運んでもらえることがほとんどですので、一日で引越しを終了させることも可能です。

 

荷解きなどは各自で行わないといけませんが、荷物も運んでもらえますので、自分たちで荷物を運ぶよりも気楽ですし、荷物の運び忘れなども無く、確実に一日で引越しが完了します。

 

費用としては、引越し業者にもよりますが、大体で10万から20万ぐらいの間であり、荷物が少ないと、それに従って料金が安くなります。

 

また、引越し業者の中には、早期に申し込むことで、一割から三割ほど引越し料金を割引してくれるサービスもあります。

 

参考>引っ越し

 

kariru

 

このように便利なものもありますので、引越しに時間を掛けていられないと言う人には、このようなお任せサービスがおすすめです。

引越しの時の便利なアイテム

私は、以前に札幌市東区東苗穂から、札幌市東区中沼西に引越しましたが、親が建設業で、役員として働いているため、会社のトラックが使えるという事で、引越し業者を使いませんでしたので、引越しの費用は、あまりかかっていませんが、ひっこしのために買ったものがあります。

 

それは、45リットルのゴミ袋です。

 

50枚入りのゴミ袋を、3つくらい買いました。

 

1つあたりの価格が、250円くらいだったと思いますので、3つで750円くらいです。

 

このゴミ袋を何に使ったかと言いますと、ダンボール代わりに使いました。

 

使い方は、ゴミ袋を2枚重ねて、その中に、移動させる物を入れました。
2枚重ねると、丈夫になり、移動中に破れる事はありませんでした。

 

ところで、ダンボールを使わないで、ゴミ袋を使った理由は、ダンボールの価格が、意外にかなり高いからです。
1辺の長さが50センチほどのダンボールの価格は、300円ほどすると思いますが、引越しのために、ダンボールを用意する場合は、3人家族だと、
ダンボールが50個くらい必要だと思います。

 

その場合のダンボールの価格は、15,000円ほどになります。

 

しかし、ゴミ袋を使うと、500円で済む計算になります。

 

ですので、ゴミ袋を使うと、かなりの節約になりました。

 

また、ゴミ袋には、他にも良い点があります。

 

それは、中身が見える事です。

 

半透明のゴミ袋だったので、中身が見えて、とてもやりやすかったです。

 

また、ゴミ袋には、他にも良い点があります。

 

それは、持ち運びやすい点です。

 

ゴミ袋に、移動する物を入れたら、ゴミ袋の上部を縛りますが、縛ると、その部分が出っ張り、持ちやすく、また、片手で持ち運べるので、
かなり、引越しをやりやすかったです。

 

また、ゴミ袋には、他にも良い点があります。

 

それは、雨に濡れても、大丈夫な点です。

 

ダンボールを使うと、雨に濡れると、ダンボールが壊れやすくなりますが、ゴミ袋の場合は、雨に強いです。

 

また、ゴミ袋を使うデメリットは、ほとんど感じませんでした。

 

ですので、引越しの時には、ダンボールを使わずに、ゴミ袋を使うのがおすすめです。